様々な場面で役立つカードローン

カードローンは資金使途が自由な個人向け無担保融資です。

住宅ローンや自動車ローンのような目的別ローンであれば、限定された利用目的の為に融資を受け、返済計画を建てた上で利用することになりますが、カードローンは資金使途が自由ですから、日常生活のあらゆる場面で活用することができます。趣味や娯楽に使っても良いですし、納税や各種支払いに充てることもできます。無担保融資ですから、融資を受ける際に必要なのは個人の信用ですが、年収などが厳格に決められている訳ではなく、求められるのは安定した収入と返済能力です。

勿論収入は高いに越したことはないですし、銀行カードローンの中には「前年度年収○○万円以上」のような低金利の商品もありますが、安定した収入があればパート・アルバイト、年金受給者の方も利用できます。カードローンを申し込む際に用意する書類は運転免許証・保険証・パスポートなどの本人確認書類です。

収入証明書類については、銀行・信用金庫などの金融機関は各社の裁量で設定可能、消費者金融・信販会社などのノンバンクは利用限度額によって収入証明書類の提出が求められます。収入証明書類が必要になるのは、一社からの限度額が50万円を超える場合と、他社借入残高との合計が100万円を超える場合です。この規定は貸金業法によって定められており、年収の1/3を超える貸付を禁止する総量規制と同様、利用者の借り過ぎを抑制する目的があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *