カードローンの信用情報の種類と申し込みのコツ

カードローンの審査では信用情報の調査が確実に行われます。

信用情報機関が情報を提供することによって信用情報の調査が行われるのですが、この信用情報機関は主なものとしてKSC、CIC、JICCの3つがあります。設立から考えれば、KSCは銀行系、CICは信販系、JICCは消費者金融系と言えるでしょう。この3つの信用情報機関はそれぞれで情報を管理しています。以前はこの3つの間で情報交換が行われていましたから、一つに登録されるとほかにも登録されるという状況になっていたと言えるでしょう。

しかし、現在のところ、JICCは情報交換を停止しています。情報交換を停止していますから、債務整理などの情報を知られない可能性はあるでしょう。例えば、消費者金融から借り入れをしていて債務整理をしたのなら、その情報はJICCに登録されることになるでしょう。そうすると、ほかの消費者金融からは借りることができません。

しかし、KSCに登録されていなければ、銀行のカードローンなら借りられるのではないかと考えるのも自然なことです。さて、このようにうまくいくのでしょうか。これを考えるときには、保証会社まで含めて考えなければなりません。例えば、ある銀行のカードローンに申し込みをしたときに、その銀行が消費者金融を保証会社として使っていれば、実質的な審査は消費者金融が行うことになります。そうなった場合に、消費者金融がJICCを利用して審査を行います。このような仕組みは大まかにでも知っておいた方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *