カードローンの収入の確認は電話だけで終わらせる

貸金業のカードローンの審査は、できるだけ簡単な基準で消費者に返済能力があるかどうかを判断するので初心者であっても迷いません。

例えば、銀行で審査をするときには申請をしてきた人が本当に社会人としてお金を稼いでいるのかどうかを確認するためにそれ相応の証明書を提出しなくてはいけません。こうした面倒な手続きが貸金業のカードローンにはないというメリットが有ります。では、貸金業のカードローンでは収入の証明をどのようにして行うのでしょうか。これは、在籍確認という貸金業者からの電話の審査によって返済能力の有無を確認することになります。

なぜこのような簡単な審査で終わらせることができるのかというと、そもそも貸金業の申請方法がインターネットや機械を通した方法で行われるからにほかなりません。銀行などの金融機関では申請をネットで行うことができたとしても審査に関しては必ず一度店舗に足を運ばなくてはいけません。

一方で、貸金業者の場合はネットや機会を通してすべての審査が行われるので書類を提出するような面倒で時間の係る審査を行うことができないという事情があります。在籍確認では所属している会社に電話がかかってきますが、これさえクリアできればあとは難しい審査は何もないですし提出するものも身分証以外はないので、非常に簡単です。貸金業のカードローンはあくまでもキャッシングの分類なので、審査もそれに準ずるものであるということ理解しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *