医療とファクタリングの関係

医療に関する保険と言うと、日本では任意のものと公的なもののふたつがあります。

任意は文字通り、どんな保険に加入するか、またそもそも加入するか、しないかと言う点は個人の意思に任せられています。一方の公的保険に関しては、これは国民皆保険ですからすべての人が加入し、保険料を支払う必要があります。病院や診療所などで然るべき医療サービスを受けた際には、公的保険に加入していることを証明するために保険証を提示します。

するとそれにより、公的医療保険による補助を受けることができます。よって診療や治療などにかかった費用を全額、支払わなくても良いと言うことです。そして更に任意の医療保険に加入している人は、保険会社に請求をすることで、支払った部分の費用に関しても補助を受けられることもあります。ファクタリングとは、サービスの提供は終了しているにもかかわらず先方の都合により料金の支払いが済んでいない売掛金をファクタリング業者が買い取り、そのキャッシュを支払うと言う仕組みです。

これが関係しているのは公的保険の方で、それにより補助される部分と言うのが、ファクタリングで買い取られる売掛金に該当します。通常、保険者に請求して支払われる補助金は、しかし請求から実際の支払いまでに2か月の時間を要します。ですがファクタリングは、早い場合には即日、キャッシュが支払われることもあるので、特に一刻も早く資金繰りを改善したい病院や診療所にとっては、とてもメリットが大きい仕組みです。
ノンバンクのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *