私たちと介護給付金、ファクタリングの関係

まず介護給付金ですが、これは介護保険の保険者から介護サービス事業者に支払われる給付金のことです。

介護サービス事業者にとっては、これが重要な報酬となります。そしてこの財源は、40歳になると加入義務が発生する介護保険の保険料です。つまり介護給付金と私たちの関係は、40歳以上の介護保険の被保険者が、その財源を支払っていると言う関係にあると理解できます。

また介護保険の被保険者は、然るべき手順を踏み介護サービスを利用した際、その料金を全額支払う必要はありません。これは介護保険から支払われる介護給付金により、その一部が補助されるためです。一方のファクタリングですが、これはファクタリング業者が料金が支払われていない売掛部分を買い取り、そのキャッシュをサービス事業者に支払うと言う仕組みです。通常の仕組みで介護給付金が支払われるよりも、時間的に早く売掛部分を現金化できるのが最大のメリットです。

介護サービス事業者の経営に関係する仕組みですので、あまり私たちとの関係は深くないと言うことができるかもしれません。ただファクタリングは、先で説明したメリットの性質上、経営の立て直しや資金の健全化などに利用されることが多い仕組みです。介護サービス事業者の経営が安定し、資金繰りが正常化することは、そのサービスを利用している人にとってはとても重要なことです。よってそうした面においては、ファクタリングと私たちの関係は深いと言うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *