ファクタリングの仕組みの基礎知識

事業資金調達法の一つとしてファクタリングの仕組みを知っておくことは経営者にとって大切なことであると言えます。

その基本的な仕組みは銀行からの融資などとはかなり異なった仕組みであり、利用することが出来る局面は限られてくると言えます。しかしながら緊急時においては最も有効な選択肢となる場合もありますので知識として理解しておくことは重要です。ファクタリングとは簡単にまとめれば売掛金の権利を業者に譲渡するという仕組みでの資金調達です。債券を売ることによりすぐに現金を調達することが出来る仕組みであると言えます。

いわゆる融資とは違いますので返す必要が無いのですが、受け取ることが出来る金額は額面よりも下回ることになります。これはファクタリングによって債権を購入する業者側にリスクがあるため、避けることはできないものであると言えます。この方法は銀行などの金融機関からの融資が受けられなかったり、間に合わない場合の奥の手として利用することが出来ます。

しかしながらどの程度の手数料を支払うことになるかは業者と売掛金の先の信用の程度によって変動する仕組みとなっていますのでロスとなる部分は少なくありません。そのため事業資金をつなぐために必要な場合に限って最小限にとどめて使用することになるというのが一般的な活用法であると言えます。しかしながら資金調達法の一つとしてその仕組みについては理解しておくべきであると言えるものです。
ファクタリングの比較のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *