公的介護保険とファクタリングの関係

日本では40歳以上の人は原則、公的介護保険に加入します。

介護や支援が必要となり然るべきサービスを利用したいとなった場合、まず審査が行われその人の状態が判定されます。そしてケアマネージャーが計画書に示した内容に従い、然るべきサービスを利用します。その際に発生した料金の一部が介護保険によって補助されるようになっています。利用者は料金の全額を支払う必要はないと言うことですが、このまま、つまり料金が支払われないままでは、サービス提供者側にとっては金銭的には損をしたままです。

そこでサービス提供者は一定期間内に、保険者に、サービスを利用した人、保険の被保険者が支払わなかった部分の金額を請求する必要があります。ただし実際にこの金額がサービス提供者に支払われるのは、請求から約2ヶ月後のことです。そこで、この料金の支払いをより迅速にするために行われるのがファクタリングです。ファクタリングは、サービス提供者が保険者に対して請求した、料金の支払いが済んでいない債権部分をファクタリング業者が買い取ります。そしてその金額をサービス提供者に支払うと言う仕組みです。

ファクタリングを利用すると、先でも説明した通り、通常2ヶ月かかるキャッシュの支払いが、早い場合は即日、どれだけ遅くても数日で実行されます。そのためサービス提供者にとっては、いち早くキャッシュを手に入れることができる手段としてのメリットが大きい方法です。あくまで、先方の都合により支払いが済んでいない部分を先取りすると言う形なので、融資とは異なり返済の義務が発生しないのもファクタリングの特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *