診療報酬債権ファクタリングのスキーム

診療報酬債権のファクタリングというのは、病院や診療所などの医療機関が抱えている診療報酬債権を、いったん専門のファクタリング会社に譲渡することによって、早期に現金化をすることをいいます。

通常であれば、診療報酬のレセプトは医療機関から社会保険診療報酬支払基金または国民健康保険団体連合会に対して提出しますが、提出後にはレセプトの内容が正確であるかどうかのチェックをした上で、支出の手続きに入りますので、現金化されるまでに2か月程度のタイムラグが生じます。しかし、ファクタリングを利用することができれば、こうしたタイムラグは極限まで短縮されますので、キャッシュフローの改善につながるというわけです。

この診療報酬債権のファクタリングのスキームですが、まずは医療機関とファクタリング会社のほうで、債権譲渡契約を締結するとともに、いわゆる第三者対抗要件の関係上、医療機関と引受会社の連名をもって、債権譲渡通知書を社会保険診療報酬支払基金および国民健康保険団体連合会に送付します。

実際の支払いに関してですが、レセプト提出の締め切りからすみやかに、引受会社から医療機関に対して、だいたい総額の8割から9割程度の前払いがあり、残りの金額に関しては、社会保険診療報酬支払基金や国民健康保険団体連合会から会社に対して診療報酬にあたる金額が支払われたのちに現金化されるということになっています。なお、前払額の割合などについては、医療機関の信用力などによって異なることがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *