ファクタリングと融資の比較とは

ファクタリングは少額から利用できる売掛債権の資金化手法で、昨今注目されています。

この方法が注目されるようになった理由として挙げられているのが、銀行等からの融資の受け難さであると言われています。銀行も経営を安定させるため、取引する場合には厳しい審査が実施されます。こうした審査は時間がかかることが知られていますし、一般的な企業の場合にはなかなか借りにくいということが指摘されていたのです。ファクタリングはそうした人々に対し、新しい資金調達方法の可能性を示しています。

ファクタリングでは申し込む側ではなく、債権元の信用性がより問われるといった仕組みになっています。また、申し込む場合には融資ではなく、債権の買取という扱いになっており、融資と比較すると債権回収の義務がないという点が大きく異なっています。さらに、保証人や担保も必要なく、融資と比較しても手軽に利用しやすく、資金化も最短で即日といった形で期間もあまり長くかからないのです。したがって、便利な債権の資金化の方法として昨今注目されているのです。

しかし、こうしたメリットがある分、手数料は高めになっており、銀行の融資とファクタリングの比較すると割高感があります。けれども資金化しやすく手軽で便利ということから多くの企業などで利用され始めているという資金化手法となっているということなのです。このように、ファクタリングは売掛債権の資金化を図る際には便利な方法として注目されているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *