2社間ファクタリングも比較が大切です

売掛債権を現金化することができるのがファクタリングの最大の特徴です。

しかも、即日での現金化も可能なケースがあり、事業性資金を確保しておきたい経営者や個人事業主などの資金調達法としてファクタリングを選ぶケースが増えていると言います。ちなみに、運転資金の確保の方法と聞くと銀行からの融資をイメージする人は多いのではないでしょうか。銀行からの融資は金利が安いので返済時に余計な費用負担が少なくて済むなどのメリットもあります。しかし、銀行は信頼できる会社への融資を行うことはあっても、設立したばかりの会社や経営状態が悪い会社などへの融資を行わないケースが多くあります。

即日で融資を受けたい時などはビジネスローンを利用する方法もあるかと思われますが、ビジネスローンは金利が若干高めなどからも、どうしても必要な時以外は利用しない経営者も多いようです。ファクタリングは融資とは異なり、これから入金が行われる、支払いが行われる会社の利益になるものです。商品を販売して契約を交わす、現金払いは売掛で行われるので受け取る権利を持つお金です。ファクタリングには2社間と3社間の2種類があり、それぞれの違いを比較しておきましょう。

尚、即日現金化が可能になるのは2社間での取引の場合で、2つの違いを比較すると分かりますが、手数料は3社間と比べると高めです。運転資金の確保を今すぐに行いたい時など役立つ存在になってくれるのが2社間取引です。さらに、2社間の取引は、取引先企業への通知が要りませんので、ビジネスの付き合いを長くしたい時などにも便利なやり方など、それぞれの違いの比較が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *