ファクタリングと不動産担保ローンの比較

ファクタリングは売掛債権を譲渡することで資金化を図る資金調達の方法です。

こうしたファクタリングは融資や手形割引などとは異なった仕組みでサービスが提供されています。この方法は不動産担保ローンとも異なっているのです。そこで、不動産担保ローンとどう違うのかという点について比較してみたいと思います。不動産担保ローンは融資の中で審査ハードルは低めと言われているローンで、その金利は5%くらいから10%くらいと言われています。このローンは所有している不動産を担保にして資金調達を図る方法であり、第三者の保証人も不要とされています。

さらに、ローンの返済期間も25年まで延長できるということからも利用を検討する人も多いと言われています。しかし、このサービスは担保に入れる不動産が必要とされており、不動産を所有していないという場合には利用できないということなのです。また、不動産評価額を超えて融資をしてもらうということもできず、不動産登記という手続きが必要なため、時間がかかるので即日での資金化はできません。

それと比較し、ファクタリングにはこうした点はなく、担保不動産を必要とせず、即日で資金化を図ることが可能と言われる取引です。売掛債権を買取してもらって資金調達を図るため、売掛債権元から支払いがなされればファクタリング会社にとっても問題がないという取引なのです。そのため、不動産担保ローンと比較してよりスピーディで手軽感があるというメリットがあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *