担保融資の担保は様々なものがあります

担保融資は銀行等の金融機関や個人の間で企業や個人でお金等を借りる時に、不動産等を抵当とし融資して貰う融資の方法です。

銀行や金融機関は、借りた人が融資を返済できなくなった場合に、不動産などを売却し返済にあてることができるため貸し倒れ等のリスクを軽減することができます。担保があることによって、審査が通りやすくなる為、借入額が多くなったり、金利が優遇される等のメリットもあるようです。担保融資には物的担保と人的担保の二種類あり、物的担保は不動産や車等があります。

不動産や車であれば何でもいいという訳ではなく、土地の価値や所有権の争いが無いこと等の一定の条件が整っていることで融資担保としての価値がでます。不動産は価値が変動する可能性があるので、将来的に価値が上がれば追加融資出来る場合もあります。融資担保にできるものは他にも企業であれば、工場の設備や在庫、売掛金や受取手形等の売掛債券、特許等があります。

担保融資は他にも銀行の定期預金、株券等の有価証券等も担保の一つです。ただ、株券などは変動性が高いため注意が必要です。一般的に年金を担保融資にすることは禁じられていますが、国の機構で年金受給者に限り、年金を担保として融資してくれる機関もあります。人的担保はいざとなったときに一緒に、もしくは代りに返済をしてくれる保証人等の事です。誰でもいいわけではなく、一定の収入源があることや年齢など人的担保にも様々な条件があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *