借り入れ時に金利を抑えることが出来る担保融資

事業を行う経営者にとって、企業を運営する資金の借り入れは大きな問題です。

借り入れる金額が大きくなればなるほど、借り入れをお願いする金融機関から担保について聞かれることが増えてくるものです。また、借り入れる金額が大きくなればなるほど、気になってくるのは利子の金額です。まとまったお金を用意しなければならない場合、利子は低い方が会社経営者にとってありがたいことに違いはありません。大きく分けて融資には担保融資と無担保での借り入れが存在します。

金融機関にとって、担保を入れてくれる借入先の方がリスクを低く抑えることが出来ますので、利子を低く設定することは想像に難くはないでしょう。無担保の場合、返済が出来なくなった場合に取る金融機関のリスクが大きくなってしまうため、その分利子にリスクが上乗せされます。担保融資というと、不動産担保を思いつく方が圧倒的ではありますが、担保には様々な種類が存在します。

不動産を持っていないという方でも、担保融資を利用することができる可能性がありますので、金融機関に問い合わせてみる価値があるでしょう。不動産担保以外にも、銀行融資では有価証券担保や動産担保などを取り入れている金融機関がありますので、土地、建物がない経営者でも担保融資を受けられる可能性があります。もちろん、返済能力を大幅に超えるような借り入れは経営上すべきではありませんが、担保融資が借り入れ審査の際の一つのアピールポイントになることは違いありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *