担保融資の特徴とメリットを知っておこう

住宅のリフォームが必要になったり、両親を介護施設に入れる予定がある人は、まとまったお金が必要になります。

担保融資は、土地や建物などの不動産を担保に入れて、銀行や信用金庫などの金融機関から、お金を借りる方法です。銀行や信用金庫などの金融機関では、不動産の価値や債務者の返済能力などを、時間を掛けて審査を行います。一定の審査基準を満たしていると、不動産の価値や債務者の年収に応じた金額のお金を借りることが出来ます。担保融資のメリットは、キャッシングやカードローンに比べると、まとまった金額の融資が受けられるので、様々な用途にお金を遣うことが出来るのが特徴です。

キャッシングやカードローンに比べると、担保融資は金利が安いので、長期的な返済計画を立てやすいのが魅力です。担保融資を申し込む時は、複数の金融機関を比較して、なるべく低金利で融資が受けられる所を選ぶと良いでしょう。銀行や信用金庫などの金融機関は、担保を入れることで、返済不能などのリスクを避けることが出来ます。債務者はもちろんですが、銀行や信用金庫などの金融機関にもメリットのある方法です。

安定して継続した収入がある20歳以上の人が、申し込みが出来るので、電話や店頭で相談をしてみると良いでしょう。運転免許証やパスポートなどの身分証明書や、収入証明書などの提出が必要です。キャッシングやカードローンに比べると、審査に時間が掛かるので、早めに申し込みをすることが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *