担保融資のメリットとは

会社経営で資金繰りが苦しくなったときは、どうにかしてその場を乗り切るための資金を集めなければなりません。

ですが、この時に注意しなければならないことは、自社の資金繰りが危ういことを取引先に知られることがリスクになるという事です。取引先は安心して、きちんと納期に納めてくれる会社と取引をしたいものです。また、こちらが納めた商品やサービスの代金をきちんと払ってくれる相手と取引をしたがります。もしも商品やサービス等を納入したにもかかわらず、資金繰りが苦しかったり、倒産してしまったりして、代金を回収できなければその損失を被るのは取引先です。

ですので、資金繰りが苦しい相手だとわかると、取引先は取引を拒絶する可能性があります。そのため、こちらとしては相手にばれない格好で上手く資金集めをする必要がります。そこで売掛金等を利用した担保融資です。担保融資のメリットは取引先に通知が行くことがなく資金集めができることです。

似たようなサービスでファクタリングがありますが、こちらは取引先の企業へ通知されてしまうので、こちらの状態が分かってしまうリスクがあります。もしもこうした事実が発覚してしまうと、次からの取引が難しくなってしまうので、担保融資のように取引先に伝えることなくお金を集めたほうが良いかもしれません。少なくとも、万が一の時はこうした選択肢もあることを頭に入れておいて事業を行うことは、大切になってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *