秋の大人にきび予防のポイント

夏は肌がダメージを受けやすい時期ですが、その次の秋もにきびができやすい時期です。

秋は「夏の紫外線ダメージが残っている」「季節の変わり目で肌がデリケートになっている」「気温と湿度が下がって乾燥しやすい」という3つの原因のせいで、大人にきびが悪化しやすくなります。



秋のにきびの予防には、「洗顔」「肌を整える」「肌を保護」の3つがポイントです。

洗顔は、ゴシゴシ擦らずに優しく洗うようにします。

化粧をしていない肌ならば、お湯だけでサラッと洗うだけでも良いです。



化粧した肌であれば、固形石鹸を石鹸ネットで泡立てて顔に泡をつけてそのまま洗い流すようにします。


いずれの場合も、擦らず優しくがポイントです。

肌を整えるには、洗顔後すぐに化粧水をつけます。

洗顔後の肌は非常に乾燥しやすいので、時間を空けずにすぐに保湿します。


肌を保護するには、乳液やクリームを使います。
化粧水で肌を潤わせて、油の膜で保護するイメージです。

ここでは、使う量に注意が必要です。

少なすぎると保護が不十分で乾燥してしまいますし、多すぎるとベトついて菌を繁殖させやすくなってしまいます。



秋のにきび予防では、さらに暴飲暴食にも注意が必要です。
秋は食べ物が美味しい時期なのでついつい食べ過ぎてしまいがちですが、暴飲暴食は消化器官に負担をかけて肌荒れを起こす原因になります。


消化器官が弱っていると体全体の免疫機能が下がってしまうので、にきびができやすくなります。